Apple、2019年発売のiPhoneでもディスプレイ内蔵型指紋認証を採用せず。Touch IDの復活は絶望の状況へ

Synapticsclearid

Apple関連の著名アナリストMing-Chi Kuo氏が、2019年に発売されるiPhoneでも指紋認証が採用されないとする、新たな調査レポートを発表したことがわかりました(MacRumors)。

Kuo氏は2019年に発売されるiPhoneでも、ディスプレイ内蔵式の指紋認証機能は採用されず、Appleは引き続きTrueDepthカメラシステムによるFace IDを採用すると主張しています。

一方Androidデバイスに関しては、ディスプレイ内蔵式の指紋認証が採用される可能性が高いと予想しており、これはiPhoneとの差別化のほか、AppleがiPhone Xで実現した精度の高い顔認証が、Androidスマートフォンで実現できていないことが原因と説明しています。

Kuofod

Androidデバイスを製造する各社は、Vivoがいちはやく実現したディスプレイ内蔵式指紋認証にならい、同技術「Fingerprint on Display(FOD)」の改良やコストダウンを進めていくだろうと指摘しています。

Appleが今年発売する3種類のiPhoneは全て、Face IDによる顔認証機能を採用すると見込まれています。iPhoneの顔認証とAndroidデバイスの指紋認証という二つの認証機能の対立の図式が今後も続いていくことになるのでしょうか。

スポンサーリンク