2019年発売のiPhoneはトリプルレンズカメラを搭載し3Dセンシングとズームが強化される?

Iphone x triple lens martin hajek idropnews 800x652

台湾のメディアEconomic Daily Newsは28日、ドイツ証券のアナリストJialin Lu氏のレポートを元にAppleが2019年に発売するiPhoneにトリプルレンズカメラが採用される可能性があると報じています(MacRumors)。

Lu氏によると、トリプルレンズカメラシステムによって、2つのセンサーが異なる角度から単一の物体の画像を取得する事が可能となり、立体視による高度な3Dセンシングが可能になるとのこと。三角測量法を使用して、iPhoneとオブジェクトの間の距離を取得することもできるようになるようです。

フロントのTrueDepthシステムと同様、リアカメラの3DセンシングもARのために利用されるとみこまれています。

加えて長焦点レンズを搭載することで、iPhoneで初めて3倍の光学ズームも可能となり、画像をデジタルズームのような画質低下なしで最大3倍まで拡大することが可能になると予想されています。

現在iPhoneではiPhone 7 Plus、iPhone 8 Plus、iPhone Xで光学2倍ズームが可能で、Huaweiの新型 P20 Proはいち早く光学3倍ズームを実現しています。

スポンサーリンク