2019年に発売されるiPhoneはトリプルレンズを採用か

Iphone x triple lens martin hajek idropnews 800x652

Appleが2019年に発売する新型のiPhoneのうちの少なくとも一つのモデルで、トリプルレンズの背面カメラが採用される可能性があるとTaipei Timesが伝えていることがわかりました(MacRumors)。

同記事はYuanta証券のアナリストJeff Pu氏のリサーチノートの情報を元にしたもので、新たに追加される三番目のレンズにより光学3倍ズームが可能になるとされています。

現在iPhoneではiPhone 7 Plus、iPhone 8 Plus、iPhone Xといったハイエンドモデルで光学2倍ズームが実現しています。トリプルレンズカメラが実現するとすれば、第3世代のiPhone XまたはiPhone X Plusの後継機種だけに採用されるハイエンド機能ということになるのかもしれません。

なおHuaweiの新型P20 Proスマートフォンは、40メガピクセルレンズ、20メガピクセルのモノクロームレンズ、3倍の光学ズームを備えた8メガピクセルの望遠レンズを含むトリプルレンズリアカメラシステムを始めて採用しています。

トリプルレンズの採用によってiPhoneのカメラの性能がさらに進化するのか注目です。

スポンサーリンク