2019年型iPhoneはFace IDのほかディスプレイ内蔵型Touch IDにも対応し、USB-Cポートを採用か

Iphone xs gold

コンサルティング企業Atherton Researchの副社長兼アナリストJean Baptiste Su氏が、2019年に発売される新型iPhoneのうち少なくとも1つの機種が、USB-Cポートや小型ノッチ、ディスプレイ埋め込み型のTouch IDを採用すると予想していることがわかりました(MacRumors)。

Su氏はForbesのコラムで新型iPhoneについて以下のような予想を行っています。

Although we believe that Apple will release a re-designed iPhone X in 2019—with a smaller notch, a fingerprint reader (Touch ID) under the display, and a USB-C port—it will still lack the extensibility (memory card), the battery life, the lightning-fast charging capability, and the camera quality of Android flagship smartphones while being more expensive.

Appleは2019年に再設計されたiPhone Xをリリースすると考えています - 小さなノッチ、ディスプレイ内蔵型の指紋リーダー(Touch ID)、そしてUSB-Cポートがある - 高価でありながら、拡張性(メモリカード)に欠け、電池寿命、超高速充電機能、およびAndroidのフラッグシップ程のカメラ品質を欠いているでしょう

Su氏がAppleの製品に関する予想レポートを公開したのは初めてで、信頼性のほどはさだかではありません。MacRumorsはUSB-Cの採用やノッチの小型化に関してはいままで噂にながれたこともあり、可能性があるとしていますが、ディスプレイ内蔵型Touch IDに関しては、Face IDが十分機能していることから懐疑的な見方をしめしています。

スポンサーリンク