2020年に発売される3種類のiPhone全てが5Gに対応か

2020 iphone triad

Apple製品の著名アナリストMing-Chi Kuoが投資家向けの新たな調査レポートを発表し、Appleが2020年に発売する3種類のiPhone全てが5G通信をサポートすると予想していることがわかりました(MacRumors)。

Kuo氏は当初、2020年に登場する3種類のiPhoneのうち、2種類が5Gをサポートすると予想していましたが、その後考えを変更し、5Gをサポートする低コストのAndroidスマートフォンと競合するためにも、すべてのモデルで5Gがサポートされると主張しています。なおAppleがIntelのモデムチップ事業を買収したことにともない、5G対応iPhoneを開発するためのリソースが増えた事も根拠の一つとなっています。

We now believe that all three new 2H20 iPhone models will support 5G for the following reasons. (1) Apple has more resource for developing the 5G iPhone after the acquisition of Intel baseband business. (2) We expect that the prices of 5G Android smartphones will decline to $249-349 USD in 2H20. We believe that 5G Android smartphones, which will be sold at $249-349 USD, will only support Sub-6GHz. But the key is that consumers will think that 5G is the necessary function in 2H20. Therefore, iPhone models which will be sold at higher prices have to support 5G for winning more subsidies from mobile operators and consumers' purchase intention. (3) Boosting 5G developments could benefit Apple's AR ecosystem.

Kuo氏は2020年に発売されるiPhoneは、アメリカ市場の要件を満たすためmmWave(都市部で利用可能な超高速通信)とSub-6GHz(郊外でも利用可能)の両方の周波数をサポートすると見込んでいますが、例えば中国のような低価格市場向けにSub-6GHzだけをサポートしたモデルが開発される可能性があるとしています。

同氏は2020年に発売される3種類のiPhoneは、5.4インチ、6.7インチ、6.1インチの3モデルで、全てのモデルでOLEDディスプレイが採用されるとしています。

スポンサーリンク