2020にiPhoneはフルスクリーンTouch IDを採用し、iPhone SE 2もついに登場か?

Iphone xi render macrumors

BarclaysのアナリストBlayne Curtis氏らが、アジア出張によって得たAppleのサプライチェーンからの情報を元に、2019年、2020年に発売される新型iPhoneの予想を発表しています(MacRumors)。

この情報によると以下のような特徴を持つiPhoneが登場するようです。

  • 2019年に発売される3機種のiPhoneは背面カメラのレンズの追加を除けば変更は少ない。
  • 2019年モデルのiPhoneでは3D Touchが完全に廃止。Haptic Touchの拡張で置き換え。
  • 次世代iPhone XRは3GBから4GBのRMに増量。
  • 2020年に発売されるiPhoneは、5Gサポート、リアカメラによる3Dセンシング、フルスクリーンTouch IDなど大きな変更が行われる。
  • 少数のサプライヤが2020年にiPhone 8をベースとした「iPhone SE 2」が登場すると予想。
  • 2020年に全モデルがOLEDに以降。2019年にLGがOLEDのセカンドサプライヤになるかも。

Face IDによって置き換えられようとしているTouch IDですが、2020年に形を変えて復活することがあるのでしょうか。

スポンサーリンク