2020年のiPhoneはiPad ProのProMotionディスプレイを採用してより滑らかな描画が可能になる

Iphone 2020

2020年に発売されるiPhoneではより滑らかな描画が可能になるかもしれません。

リーカーの@UniverseIce氏が「Appleが2020年にiPhoneで60Hz/120Hzのリフレッシュレートを切り替えることができるスクリーンを検討しており、SamsungやLGと協議している」と伝えていることがわかりました(AppleInsider)。

同氏はApple関連情報のリークの実績はないそうですが、Samsungに関するリーク情報でよく知られた存在とのこと。iPhone XS/XS MaxのOLEDディスプレイはSamsungとLGが供給しています。

iPad Proは120HzのProMotionテクノロジーを採用し、パフォーマンスとバッテリーを考慮しながら必要に応じてリフレッシュレートを動的に調整することができます。 ProMotionによってスクロールなどの描画が滑らかになるほか、Apple Pencilの反応もよくなると説明されていますが、iPhoneにも同様の技術が採用されるのでしょうか。

スポンサーリンク