2021年モデルのiPhoneはFace IDとディスプレイ埋め込み型Touch IDに両対応か?

Galaxy s8 security touch

おなじみのApple関連製品のアナリストMing-Chi Kuo氏が、新たな投資家向けの調査レポートを公開し、2021年に発売されるiPhoneにはFace IDに加え、ディスプレイ埋め込み型のTouch IDが搭載される可能性があると予想していることがわかりました(MacRumors)。

Kuo氏の予測は、fingerprint on display(FOD)に関連した特許をAppleが取得したこと、およびAndroidスマートフォンで、同テクノロジーが継続して使用されていることに基づいています。

In terms of technology, we predict that four critical technical issues of FOD will significantly improve in 12–18 months, including module thickness, sensing area, power consumption, and lamination yield rate. Therefore, we believe that Apple will launch the new iPhone equipped with both Face ID and FOD to enhance security and convenience thanks to the multi-biometrics.

技術面では、モジュールの厚さやセンシング面積、消費電力、積層歩留まりなど、FODの4つの重要な技術的問題が12〜18か月以内に大幅に改善されると予測しています。 したがって、Appleは、Face IDとFODの両方を備えた新しいiPhoneを発売し、マルチバイオメトリクスによってセキュリティと利便性を強化すると考えています。

Appleは、iPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XRで指紋印象(Touch ID)を完全に削除しましたが、中国のスマートフォンメーカーは逆の選択を行い、ディスプレイ内蔵型指紋センターの採用をプレミアムスマートフォンからミドルレンジモデルにまで拡大しています。Face IDとTouch IDのどちらが便利な認証方法なのか、iPhoneユーザーの間でも意見が分かれるところですが、両方の認証方法を搭載したモデルが登場することによって、この争いに終止符が撃たれることになるのでしょうか。

スポンサーリンク