4.7インチiPhoneが2020年に電撃復活か

Iphone 8 black 800x677

Economic Daily Newsは本日、Appleが2020年に内部構造をアップデートした4.7インチのiPhone 8のリニューアル版を投入する準備を進めていると伝え注目を集めています(MacRumors)。

新型のiPhoneは2020年3月に登場予定で、4.7インチのRetinaディスプレイはiPhone 8から継承するものの、新しい基板デザインやA13プロセッサの採用により処理能力が向上します。カメラはシングルレンズで128GBのストレージを搭載しているそうです。生産は台湾のPegatronが請け負い2,000万台程度の生産数になると見積もられています。

価格は649ドル(約7万2千円)と低めに押さえられ、 OppoやVivoのような中国のライバルに対して劣勢なミドルレンジ市場のシェアを拡大する狙いを持っているとのこと。

749ドル(約8万5千円)からのiPhone XRと比較すると確かに安いのですが、はたして4.7インチの新モデルが投入される可能性はあるのでしょうか。Eonomic Daily Newsの噂情報の信頼性は当たることもあれば外れることもあると言った感じのようです。

スポンサーリンク