【KGI】A9搭載で少し安いカラフルなメタル筐体の「4インチiPhone」が2016年に登場するとの主張

NewImage

KGI証券の著名アナリストMing-Chi Kuo氏が「4インチiPhone」に関する新たな予想を発表し注目を集めています(MacRumorsAppleInsider)。

Kuo氏は、新型の「4インチiPhone」が2016年始めに発売となり、iPhone 5sに類似したものとなると主張。A9プロセッサや2.5Dのカバーガラス、Apple PayのためのNFCを採用し、すくなくとも2、3色カラーオプションとともに登場すると予想しています。

米国での価格は400ドルから500ドルの間と見ており、これは16GBのiPhone 6sと比較すると、149ドルから249ドル安い価格設定となります。

新型の4インチiPhoneが発売されるとの噂は根強く存在し、11月にはMacお宝鑑定団ブログが「iPhone 5s Mark II」が間もなく投入されると情報を伝え、注目を集めました。 Kuo氏はiPhone 6sの売上の減速を助けるためにも4インチiPhoneの投入があるのではないかと見ているようですが、はたしてどうなるのでしょうか。

スポンサーリンク