2018年発売の6.1インチLCD iPhoneの価格は550ドルから

Kuo modems

Appleは今年、OLEDを採用した5.8インチのiPhone Xの後継機種と、iPhone Xを大型化した6.5インチのiPhone X Plus、安価なLCD(液晶ディスプレイ) 6.1インチiPhoneの合計3モデルを発表すると予想されています

今回KGI証券のアナリストMing-Chi Kuo氏は、この安価な6.1インチiPhoneが実際は二つのモデルに細分化され、通常のシングルSIM搭載モデルと、デュアルスタンバイ(DSDS)対応のデュアルSIM搭載モデルに分割されるとの新たな調査レポートを公開しました(MacRumors)。

デュアルSIM搭載モデルは650ドル〜750ドル、シングルSIM搭載モデルは550ドル〜650ドルと予想され、デュアルSIM搭載モデルは中国市場でのシェア拡大に、シングルSIM搭載モデルは低価格化による販売数の増加に役立つと見込まれています。なお今回のレポートではOLED iPhoneの価格予想は行われていません。

以下Kuo氏の調査レポートの抜粋より:

6.1" LCD iPhone may have model that supports DSDS. If the 6.1" LCD iPhone comes with DSDS and single-SIM models, we believe it will result in two benefits: (1) more price segments would be created, significantly boosting shipments via the low-price single-SIM model. For instance, if the DSDS model sells for US$650-750, the single-SIM model may sell for US$550-650; and (2) the DSDS model will help increase market share in China and commercial markets.

6.1インチのLCD iPhoneにはDSDSをサポートするモデルが存在するかもしれません。6.1インチLCD iPhoneにDSDSとシングルSIMモデルが存在すれば2つのメリットがあります。(1)より多くの価格帯がうまれ低価格モデルで売上が加速する。DSDSモデルが650〜750ドルで販売されている場合、シングルSIMモデルは550〜650ドルで販売される可能性がある。(2)DSDSモデルは、中国および商業市場における市場シェアの拡大に役立つだろう。

なおデュアルSIMは6.5インチOLED搭載のiPhone X Plusでサポートされる可能性があるものの、5.8インチのiPhone X後継機種ではサポートされない見込みです。

iPhone市場最も高価な価格設定で話題となった「iPhone X」。今年発売される6.1インチiPhoneは庶民が入手しやすい価格設定になることを期待したいと思います。

スポンサーリンク