今は時期が悪い?Appleの2019年版iPhoneでFace IDカメラがアプグレードされるとの予想

Faceidangle 800x644

AppleがiPhone Xで初めて採用し、2018年に発売したiPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XRの3機種で全面的に採用した顔認証システムの「Face ID」が、2019年に発売される新型iPhoneでさらに改良されることになると、Apple製品アナリストMing-Chi Kuo氏が予想していることがわかりました(MacRumorsThe Verge)。

Kuo氏は、2019年の新型iPhoneで、Face IDを改善するために環境からの非可視光の影響を軽減することができるflood illuminatorセンサーの改良版が採用されると主張しています。

We believe that Apple will raise the output power of the flood illuminator VCSEL to lower the impacts from invisible lights of environment in order to improve the Face ID user experience. The higher power VCSEL with higher ASP needs increased requirements of design and production, increased materials for array design, and longer testing times. Therefore, the VCSEL supply chain can add higher value.

AppleがFace IDのユーザーエクスペリエンスを向上させるために、flood illuminator VCSELの出力を上げて、環境の非可視光の影響を軽減すると考えています。 より高いASPを有する高出力VCSELは、設計および生産、アレイ設計のための材料の増加、およびより長い試験時間を必要とします。従ってVCSELサプライチェーンは、より高い価値を付加することができます。

Kuo氏はまた2019年または2020年に発売されるiPad、2020年のiPhoneで、Time of Flight(ToF) 3Dカメラが導入されるとも予想しています。ToF 3Dカメラは被写体とカメラの間の光/レーザーの移動時間を測定することで物体間の距離を決定することが可能で、撮影したオブジェクトはApple Pencilで編集可能になり、新しいAR体験をもたらすと説明されています。

2019年に発売されるiPhoneは、従来モデルの改善が行われた2018年版iPhoneと異なり、大幅な変更が行われることになるのでしょうか。

スポンサーリンク