Apple、古いバッテリーが搭載されたiPhoneが遅くなる問題に対しお客様のためだとコメント

Pexels photo 586340

先日よりAppleが古いバッテリーが搭載されたiPhoneの動作速度を、意図的に遅くしているのではないかとの情報が流れています。実際Geekbenchによるデータでも関連が認められるなか、Appleはこの問題に対し、顧客のために最適な体験を提供するために行っていることだとするコメントを発表しています(TechCrunchThe Verge)。

Our goal is to deliver the best experience for customers, which includes overall performance and prolonging the life of their devices. Lithium-ion batteries become less capable of supplying peak current demands when in cold conditions, have a low battery charge or as they age over time, which can result in the device unexpectedly shutting down to protect its electronic components.

私たちの目標は、全体的なパフォーマンスやデバイスの寿命を延ばすことなど、お客様に最高のエクスペリエンスを提供することです。 充電されていなかったり、劣化したリチウムイオンバッテリは、寒い環境ではピーク電流を供給することが難しくなり、デバイスが予期せずシャットダウンして電子部品を保護する可能性があります。

Last year we released a feature for iPhone 6, iPhone 6s and iPhone SE to smooth out the instantaneous peaks only when needed to prevent the device from unexpectedly shutting down during these conditions. We’ve now extended that feature to iPhone 7 with iOS 11.2, and plan to add support for other products in the future.

昨年、予期せぬシャットダウンを防ぐため、必要なときだけ瞬間的なピークを滑らかにする機能をiPhone 6、iPhone 6s、iPhone SEのためにリリースしました。iOS 11.2を搭載したiPhone 7にその機能を拡張し、今後、他の製品のサポートを追加する予定です。

すなわち「ピーク」を滑らかにして、シャットダウンを防ぐための機能が導入されているだけで、意図的に遅くしているわけではないという事のようです。問題になっているベンチマークのスコア劣化は、ベンチマークアプリの実行がピーク電流を要求するためこの「平滑化」機能が動作し、新品時と比較すると極端に異なる結果が出やすいとのこと。

手軽にバッテリー交換ができないデバイスである以上、このような機能の導入はしかたがないことかもしれませんが、バッテリーの劣化状態や、CPUの動作状況など、現在iPhoneがどのような状態にあるのか確認するための情報表示機能の拡張は求められているかもしれません。

スポンサーリンク