【朗報】「iPhone 5 バッテリー交換プログラム」と「iPhone 5 スリープ/スリープ解除ボタン交換プログラム」の適用期間がサイレント延長される

NewImage

Appleが、一部不具合のみつかったiPhone 5を対象として行っていた「iPhone 5 バッテリー交換プログラム」と「iPhone 5 スリープ/スリープ解除ボタン交換プログラム」の適用期間を、2年から3年へひっそりと延長していることが判明しました(9to5MacAppleInsiderCult of Mac)。

それぞれの交換プログラムの適用期間が、「iPhone 本体の最初の小売販売日から2年間(もしくは、2015年3月1日まで)」から「iPhone 本体の最初の小売販売日から3年間」に変更されています。

iPhone 5を現役の携帯電話として使っていて、2年縛りのせいで交換したくてもできなかった方も、これなら安心して交換できそうですね。私も手元のiPhone 5が、スリープボタン交換プログラムの対象だったので、いまさらながら申し込んでみようかなと思っています(すでに退役していますが…)。

スポンサーリンク