【速報】Apple「iPhone 5 スリープ/スリープ解除ボタン交換プログラム」を発表

IPhone 5

突然ですが、本日、Appleは、iPhone 5の特定モデルを対象にした「iPhone 5 スリープ/スリープ解除ボタン交換プログラム」を発表しました。

理由は「ごく一部の iPhone 5 モデルのスリープ/スリープ解除ボタンが機能しなくなる(または断続的にしか機能しなくなる)」ため。対象のiPhone 5は、Appleストアまたはサービスプロバイダに持ち込むか、ピックアップサービスを使って無償交換可能とのこと。

プログラムが利用可能となるのは2014年5月2日からですが、シリアル番号を使って自分のiPhone 5が修理対象かどうか確認することは現在でも可能です。

ということで早速マイiPhone 5がどうなっているの確認してみました。

iPhone 5がプログラムの対象か確認してみた

シリアル番号はiPhoneを使って確認できます。

Settings2  Settings3

設定アプリを起動し、「一般 > 情報」で表示可能。タップすればコピーすることもできます。

Confirm 1

シリアル番号を交換プログラムのサイトに打ち込んで確認してみました。

すると…みごと「入力された iPhone 5 のシリアル番号は本プログラムの対象となります。下記の要領でスリープ/スリープ解除ボタンの交換手続きをしてください。」と表示されました。

ただし注意書きとして「お使いの iPhone 5 のスリープ/スリープ解除ボタンの機能に問題がない場合や、シリアル番号がこのプログラムの対象にならない場合は、交換手続きをしていただく必要はありません。」とあります。

交換対象のモデルでも、特に不具合を感じていない場合、無理に交換する必要ないのかもしれません。個人的には全く不調は感じてなかったので迷うところです。

交換手順は?

交換プログラムの開始2014年5月2日からです。交換方法は以下の2つの方法から選ぶことができます。

  • Apple Store 直営店または Apple 正規サービスプロバイダへの持ち込み修理。リペアセンターへ送付するとあるので、その場では修理されないのかもしれません。代替機あり。
  • ピックアップ&デリバリー修理。Appleに電話連絡後、梱包箱で送るシステム。代替機なし。

どちらにしても、修理前にデータをバックアップして、 データをリセットする必要があるなど、かなり手間がかかります。

実は以前iPhone 4購入直後にピックアップで交換してもらったことがあります。これだとどうしてもiPhoneを使えない空白期間が生じてしまうので、悩ましいところです。

空白期間が耐えられない人は、代替機を貸してもらえる持ち込み修理の方が良いのかもしれません。突然のことで驚きましたが、iPhone 5のスリープボタンが不調の方は要確認の情報だと思います。

スポンサーリンク