Apple、今年はiPhone 6s、iPhone 6s Plus、iPhone 6cの3モデル体勢へ?

NewImage

Appleは、今年発売される新しいiPhoneで3つのモデルを発表するかもしれません。DigiTimesは、業界筋から得た情報として、Appleが2015年に、iPhone 6s、iPhone 6s Plusに加え、4インチ版のiPhone 6cを発売する予定があるようだと主張しています(MacRumors)。

All of the handsets will come equipped with LTPS panels and supply for the iPhone 6S Plus and iPhone 6C will come from Japan Display, Sharp and LG Display while that for the iPhone 6S will come from Japan Display and LG.

これら3つのモデルにはLTPS (低温ポリシリコン)パネルが採用され、iPhone 6s PlusとiPhone 6c向けにはジャパンディスプレイ、シャープ、LGが、iPhone 6s向けにはジャパンディスプレイとLGが供給する予定。全てのモデルにゴリラガラス、NFC、指紋認証が実装され、iPhone 6sシリーズにはA9チップが、iPhone 6cにはA8チップが搭載されるようです。

生産はWistronがiPhone 6cを、FoxconnとPegatronがiPhone 6sシリーズを行う予定とされています。

iPhone 6cはプラ製?

DigiTimesはまた、iPhone 6cに関して、コストダウンのためにプラスチック製ケースが引き続き採用される可能性を示唆しています。

But in order to tap the entry-level to mid-range segment in emerging markets, Apple is likely to continue to use plastic cases for the 6C in order to bring down production costs, said the sources.

ひょっとしたらこんなiPhone 6cが登場するのでしょうか。

IPhone 6c concept 3D Future teaser

かなり詳細な情報が含まれているので、予想があたっているのか外れているのか注目を集めそうです(今年もサファイアガラスがないとしたら残念です)。

スポンサーリンク