Apple、低価格のLCD iPhoneが2018年のメインストリームになると予想する?

Kuo2018iphonelineup 800x720

Appleは今年の9月、OLEDを採用した5.8インチのiPhone Xの後継機種と、6.5インチのiPhone X Plusに加え、低価格の6.1インチLCD iPhoneを発売すると見込まれています。

Wall Street Journalが金曜日に発表したレポートによると、Appleは当初、OLEDモデルとLCDモデルを同数ずつ生産したい考えだったそうですが、これを変更し、LCDモデルをより多く生産する計画を立てていることがわかりました(MacRumors)。ただし「LCDモデル」が6.1インチLCD iPhoneだけを指すのか、それとも今年も継続して販売される可能性のある、iPhone 7、iPhone 8、iPhone SEなどを含むものかは不明な状況です。

WSJのレポートでは、Appleは顧客が選択できる手軽な価格のオプションとして、OLEDに完全にシフトせず、2019年でもLCDベースのiPhoneを最低1台は確保する可能性が高いとされています。

TF International SecuritiesのMing-Chi Kuo氏は先日、iPhone Xの後継機種が800〜900ドル、iPhone X Plusが900〜1,000ドル、6.1インチLCD iPhoneが600〜700ドルになると予想しました。LCD iPhoneは、Face IDを採用し他のモデル同様にノッチが存在しますが、OLEDではなくLCDディスプレイ、ステンレスフレームではなくアルミフレーム、3Dタッチの省略、デュアルレンズカメラではなくシングルレンズカメラが採用されるなど、各部でOLEDモデルとの差別が行われていると見込まれています。

AppleはiPhone Xに関して「これまでで最も売れたiPhone」だと繰り返し主張していますが、それでも低価格iPhoneの導入は欠かせないということでしょうか。

スポンサーリンク