【速報】Apple、「iOS 8.0.1」からの公式ダウングレードガイドを公開。数日内に修正版「iOS 8.0.2」もリリースへ

NewImage

Appleが「iPhone 6」と「iPhone 6 Plus」ユーザー向けに、不具合が発覚したiOS 8.0.1からiOS 8.0へダウングレードするための公式サポート情報「Loss of cellular service or ability to use Touch ID after updating to iOS 8.0.1 on iPhone 6 or iPhone 6 Plus」を公開しています。

ドキュメントによると、Appleは問題解決のためのiOS 8.0.2の準備を行っていて、今後数日内にできるだけ早急にリリース予定であるということ。それまでの間のとりあえずの対策として、iOS 8.0.1からiOS 8.0へダウンロードする手順も記載されています。

iOS 8.0へダウングレードする方法

ダウングレード手順は以下の通りです(ドキュメントでは触れられていませんでしたが、iPhoneを探す機能を使っている場合、最初にオフにしておいたほうが良いようです)。

  1. iTunesの最新版をインストールしていることを確認。
  2. iPhoneをiTunesに接続。
  3. Mac/PCのiTunesでiPhoneをバックアップ。iCloudバックアップはiOS 8.0を含む初期のバージョンに復元しない。
  4. デバイスに適したファイルをダウンロードする(iPhone 6iPhone 6 Plus)
  5. iTunesで、Macの場合Optionキーを押しながら「アップデートを確認」、Windowsの場合Shiftキーを押しながら「更新プログラムの確認」ボタンをクリック。
  6. ダウンロードしたファイルを選択しiOS 8をiPhoneにインストール。
2014 09 25 153131

↑iTunesの画面で、Shift / Optionキーを押しながらダウンロードしたファイルを選択するところがポイント。

HealthアプリはiOS 8では動かなくなるようですが、iOS 8.0.2で修正されるとのこと。「iPhone 6」と「iPhone 6 Plus」ユーザーで、iOS 8.0.1にアップデートしてしまった場合、手動でダウングレードしてiOS 8.0.2を待つしかないようですね(汗

スポンサーリンク