実用性を兼ね備えたApple Watch風の「iPhone 6S」コンセプトデザイン

NewImage

ロシアのデザイナーGrisha Serov氏がApple Watch風のデザインを取り入れた新型iPhoneのコンセプトデザイン「iPhone EDITION」を公開しています(BehanceRedmond Pie)。

Apple Watch風のメタリックなデザインに目が惹かれますが、ボタンの配置や、ディスプレイサイズ、本体の厚みまで考慮した興味深いデザインとなっています。

ボタンの統合

ホームボタンとWake/Sleepボタンの統合、ミュートボタンとボリュームコントロールの統合を行い、全体のボタンを数を減らすように工夫されています。

NewImage

↑Touch ID / Home, Wake/Sleep機能を一つのボタンで賄う予定。

NewImage

↑ボリュームコントロールにスライド機能を持たせてミュート機能を一体化。

画面サイズは4.5インチ、厚みは7.6mmに

本体サイズの考察も行われています。

NewImage

↑ディスプレイサイズを4.5インチに変更。現行のiPhone 6より0.2インチ分小さくなっています。

NewImage

↑カメラの出っ張りをなくすために全体の厚みを7.6mmに設定しています。

ディスプレイサイズを小さくし、代わりに全体を少し厚くすると、操作性はどう変わるのか…ということを考えさせられる興味深いコンセプトデザインですね。現実的にはiPhone 6sでは筐体の形は変わらない可能性が高いのですが、本体が折れ曲がってしまうBendgateが話題になってだけに、画面サイズと筐体の頑丈さをどうバランスさせていくか今後のiPhoneの方向性が注目されます。

スポンサーリンク