Apple、iOS 11.3で追加されバッテリー状態確認機能のサポートページを公開

S 20180207 90421

Appleは本日、開発者に対してiOS 11.3 beta 2を公開しました。ベータ版にはバッテリーが劣化したiPhoneで処理速度が遅くなる問題に対し、バッテリー状態を確認したりパフォーマンス管理の有効・無効を切り替える新機能が追加されています。

このバッテリー関連の新機能紹介するAppleのサポートページ「iPhone のバッテリーとパフォーマンス」が公開されています。

同ページによると、iOS 11.3で導入されるバッテリー関連の新機能は「設定 > バッテリー > バッテリーの状態」からアクセス可能で、「バッテリーの状態」画面に、バッテリーの最大容量や、ピークパフォーマンス性能の状態が表示されます。

バッテリーの最大容量」は、新品時と比較したバッテリー容量の基準で、新品時が100%で劣化するに従い減少します。

S 20180207 91826

ピークパフォーマス性能」では、バッテリーが通常のパフォーマスに対応できるかどうか、パフォーマンス管理が適用されたかどうかを確認できます。初期状態ではパフォーマンス管理は無効になっており、予期せぬシャットダウンが発生すると自動でオンになります。手動で再びオフにすることはできますが、手動でオンにすることはできない模様です。

なおピークパフォーマンスの管理機能は、iPhone 6、iPhone 6 Plus、iPhone 6s、iPhone 6s Plus、iPhone SE、iPhone 7、iPhone 7 Plusに適用され、iPhone 8、iPhone 8 Plus、iPhone Xはより進んだパフォーマンス管理が可能とのことです。

スポンサーリンク