iOS 11.3にアップデートするとiPhone 7のマイクが破壊されるかも?

Iphone 7 2

iOS 11.3以降をインストールしたiPhone 7およびiPhone 7 Plusでマイクが故障する不具合が報告されていることが分かりました(MacRumors9to5Mac)。

MacRumorsが入手したApple認定サービスプロバイダに配布されている内部文書によると、問題が発生したデバイスでは通話中にスピーカーボタンがグレーアウトして使用できなくなるとのこと。また通話中やFaceTimeビデオチャット中に音声が聞こえなくなるという問題も発生しているようです。

Appleはサービスプロバイダに対し、まずBluetoothアクセサリを切断して症状が改善されるかどうかを確認し、それでも駄目な場合、音声診断を実行するよう指示しています。デバイスで「device could not detect doc」または「accessory not supported」というメッセージが表示された場合、サービスプロバイダによる修理が実施される手順となっています。

iPhone 7やiPhone 7 Plusが保証対象期間外の場合でも例外が適用され無償で修理できる可能性もあるとのこと。問題はそれほど広まってはいないようですが、MacRumors ForumsRedditTwitterApple Communityなどでマイクの不具合を訴えているユーザーは一定数存在しているようです。

ハードウェアの問題だとすれば、今後公式の修理プログラムに発展する可能性もありそうです。

スポンサーリンク