Apple、史上最大のアップデートとなる「iOS 8」をリリース(注意点あり)

Ipad

Appleは本日、iOSの最新版「iOS 8」をリリースしました。

更新はiTunes経由もしくは、iOSデバイス本体から直接可能です(OTAアップデートと呼ばれていて、設定 > 一般 > ソフトウェアアップデートから実行可能)。OTAアップデートの場合、iOSデバイスの空き容量が4GB以上必要となるので、余裕がない場合、iTunes経由でアップデートするのをおすすめします。

対応機種はiPhone 4s / iPad 2 / iPad mini / iPod touch 5G以降。それ以前の機種はアップデートできません。

iOS 8では、メッセージ、写真、Safari、マップ、カメラ、Spotlight、メール、Siri、AppStoreの機能改善、QuickTypeキーボードの導入、ヘルスケアアプリの追加、ファミリー共有、iCloud Drive、iOSデバイスとMacの連携強化、などさまざまな機能の強化が行われています。新機能一覧はArs Technicaの詳細レビューが英語ですが凄く詳しいので気になる方はチェックしてみてください。

また、システムキーボードの開発やTouch IDの利用がサードパーティ開発者に解放され、より便利なアプリが大量にリリースされることも期待されています。

いいことばかりが目につきますが、ちょっと気をつけないといけない点もありそうなのでまとめてみました。

iCloud Driveにアップグレードするとはまりそう

NewImage

iOS 8インストール時にiCloud Driveにアップグレードしてしまうと、現在iCloudに保存しているドキュメントへアクセスできるのが、iOS 8またはYosemiteをインストールしたマシンだけに限定されてしまうので注意が必要です(公式ドキュメント9To5MacITmedia)。

AppleのアプリではiWorkに影響があるようですが、ClearやDay OneなどiCloudを使っている他のアプリを影響を受けます。

↑DayOneオフィシャルも注意喚起!

ということでYosemiteがリリースされるまで、iCloud Driveにアップグレードしないほうが無難かもしれません。インストールプロセスの途中で、「iCloud Driveにアップグレード」するかどうか聞かれる画面が表示されたら「今はしない」を選びましょう。

iPhone 4sは注意

NewImage

Ars TechnicaではiOS 8.0 GMをiPhone 4sにインストールして各種アプリの起動時間を測定しています。全般的に遅くなっているのですが、特にSafari、Calendar、Mailなどの起動時間がかなり遅くなっているので注意が必要かもしれません(TUAWiDownloadBlog)。

Ars Technicaはそれでも最終的にiPhone 4sのiOS 8へのアップグレードを推奨しているのですが、スピード面に問題があることを事前に知っておいたほうが良いかもしれません。

スポンサーリンク