最新デバイスでも「iOS 8」が遅いのはなぜか…原因はアニメーション?

Ios8 2

最新デバイスのiPhone 6で動かしてさえ「iOS 8」が遅いのはなぜか?原因はiOS 7で導入された割り込み不可能なアニメーション効果にあるのではないかと指摘するデモ動画が公開されています(9to5MacCult of Mac)。

動画はOmni Softwareの開発者、William Van Hecke氏が作成したもの。iOS 8が稼働しているiPhone 6と、iOS 3が動いているオリジナルiPhoneを比較し、iOS 8では、割り込み不可能なアニメーションが多用されているせいで、ユーザーが操作しても無反応になる場面が、これまでよりも多くなってきていることを問題視しています。

例えばiOS 8の場合、、ロックスクリーンを解除し、直後にホーム画面をスクロールしようとしても、しばらく無反応で操作できない様子が撮影されています。比較するとiOS 3は無駄なアニメがなく、ハードウェアスペックでは圧倒的に劣るにもかかわらずキビキビ動いています。

スポンサーリンク