【朗報】「iOS 8」のWebKitはSafariと同じパフォーマンスを発揮できる!

NewImage

現在のiOS(iOS 7以前)では、開発者がアプリ内に組み込むことができるWebKitのJavaScriptの実行速度が、Safariに比べるとかなり遅いという問題がありました。しかしiOS 8ではこの制限が撤廃され、サードパーティがアプリ内にWebKitを組み込んで使用する場合でも、Safariと同等のパフォーマンスを発揮することが可能になりそうです(9to5Mac)。

iOS 8では、今までSafari内だけでしか使うことが許されていなかった「Nitro」と呼ばれる高速なJavaScriptエンジンの使用制限が外さるためで、WebKitを使ったアプリを開発している開発者にとっては朗報だと思います。

iOS 8では、iOS版Chromeや、その他のブラウザがシェアを増やすことができるかもしれません。

スポンサーリンク