【噂】新型 iPad miniは30%も薄くなって「iPad mini Air」という名前になるらしい…?

NewImage

昨年誰も予期していなかった「iPad」から「iPad Air」への名称変更が、今年はiPad miniで起こるかもしれません。中国のサイトUDN[英語翻訳]がサプライチェーンからの情報として今年発売される新型iPad miniが30%も薄くなり「iPad mini Air」という名前に変更されると主張しています(iDownloadBlogCult of Mac)。

現行のiPad mini Retinaも7.5mmとかなり薄いのですが、この情報通り30%薄型化されるとすると5.25mmの超薄型タブレットが登場することに。この驚異的な薄さは新しいナノ製造技術によって実現できるということです。

NewImage

またiPad mini Airには未だ登場していないA8プロセッサが搭載されるという情報や、Appleが未だに12.9インチの大型iPad(大iPad?)を模索しているという情報も流れています。

今までの噂によるとiPad mini Airは2014年後半に発売される予定。本当にこれほどの薄型化が実現されるのか期待ですね。

スポンサーリンク