今年発売される「iPhone 11」は10MPのフロントカメラと14MPのリアカメラ、Lightningを継続か

Iphone 2019 triple both render

先日、今年発売される「iPhone 11」のプロトタイプのものとされるレンダリング画像を公開したOnLeaks氏が、今度は新型iPhoneのカメラやその他スペックに関する情報を公開し注目を集めています(9to5Mac)。

CompareRajaに独占記事として掲載された情報によると、トリプルレンズ採用モデルの背面カメラの画素数は10メガピクセルと14メガピクセルで、3つ目のセンサーの画素数は不明とのこと。

一方前面カメラは10メガピクセルで、Face IDシステムにもなんらかの改良が行われる模様です。その他リアカメラの位置の変更に伴う内部デザインの変更や、USB-Cではなく従来のLightningポートが引き続き採用されことなどが予想されています。

新型iPad ProのようにiPhoneでもUSB-Cポートが採用されるとの噂が流れていましたが、これまで通りのLightningポートがiPhone 11でも継続するのでしょうか。OnLeaks氏の情報はプロトタイプを元にしたもので、決定版ではないことに注意しないといけませんが、興味深い情報です。

スポンサーリンク