巨大な出っ張りが存在する「iPhone 11」のケース画像が登場

2019 iphone case render slashleaks 2 800x670

Appleが今年発売する新型iPhoneは、トリプルレンズを採用し、背面のカメラ部分が四角形に大きく飛び出すデザインになるのではなるのではないかと予想されています。

今回、この予想にあわせたケースのレンダリング画像が/LEAKS1/LEAKS2に公開されていることが分かりました(MacRumors)。

Iphone xi case matches previously leaked design 387 800x490

ケース画像は2019年に発売されるiPhone XSとXS Maxの後継機種のものとされ、背面カメラの部分に正方形の穴が開けられていることがわかります。

ケースメーカーは実際にケースを作成する前に、噂情報に基づき図面やレンダリング画像を作成します。必ずしも正確ではないこともありますが、ここ数年は大外しすることはない傾向にあるようです。デュアルレンズ採用のiPhone XRの後継機種を含め、今年発売される2019年モデルのiPhoneは、カメラ部分が正方形に飛び出すデザインとなるのでしょうか。

2019 iphone case render slashleaks 800x604

スポンサーリンク