「iPhone 11 Max」用ケースが登場 - 背面カメラの出っ張りやLightningポートを確認

S 20190625 95038

今年発売される「iPhone 11」や「iPhone 11 Max」に関してはすでに多数の画像や図面が流出しています。背面カメラはトリプルレンズを採用し、出っ張りが正方形になるとの予想が有力となっているなか、この情報を裏付けるようなiPhone 11 Max用ケースのレンダリング画像が公開されていることがわかりました(9to5Mac)。

英国のMobile Funに公開された上記のケース画像は、Olixar製ケースのもので、背面の正方形のカメラ部の出っ張りを確認することができます。またミュートボタンの形状が省スペースのためか円形デザインの上下に動かす形式のものに変わっているのも特徴です。

また端子に関してはUSB-Cではなく、これまでと同様のLightning端子を引き続き採用していることが注目されています。AppleはMacBookやiPad ProでUSB-Cを採用しており、iPhoneでもUSB-C端子への切り替えを期待しているユーザー多いようですが、この画像が本当ならば今年のiPhoneでUSB-C端子への統一は行われないということになります。

スポンサーリンク