iFixit、iPhone 11 Pro Maxの分解レポートを公開 - カメラ専用RAMは確認できず

FKAZCWrMsHdddyd3

おなじみiFixitが、発売が開始されたiPhone 11 Pro Maxの分解レポート「iPhone 11 Pro Max Teardown」を公開しました(MacRumors)。

同レポートによると、iPhone 11 Pro Maxに搭載されているバッテリーは、15.04Wh(3969mAh/3.79V)で、12.08WhのiPhone XS Maxより2.96 Wh増えています。容量の増加はバッテリーのサイズの違いからきているようで0.7 mm厚く、体積で4.2cm³大きく、13g重くなっていると指摘されています。

VItvEOTaR3LXOyNO

またiPhone 11 Proには6GBのRAMが搭載されているとの噂が流れており、Geekbench等に表示される4GBのRAMのほかに、カメラ専用の2GBのRAMが搭載されているのではと期待されていましたが、今回の分解ではそのような専用RAMを見つけることはできなかった模様です。

さらに2つ目のバッテリコネクタを発見し、双方向ワイヤレス充電のためのハードウェアではないかと予想されたものの、iMoreのRene Ritchie氏は「iPhone 11にはそのようなハードウェアは最初から存在しない」と否定しています。

修理しやすさを示すRepairability Scoreは6(10が最高)で、ディスプレイやバッテリー修理が簡単なことは評価できるものの、防水機能により修理が難しくなっていることや、背面ガラスがダメージを受けると、全てのコンポーネントを交換する必要があることがマイナス点としてリストアップされています。

スポンサーリンク