トリプルレンズが中央に配置された「iPhone 11」プロトタイプの新しいレンダリング画像が登場

Iphone 2019 triple both render

Appleは今年発売される新型iPhoneの少なくとも1つの機種に、トリプルレンズカメラを採用するのではないかと噂されています。これまで背面カメラは3つのレンズとLEDが交互に四角形の中に配置されると予想されていたなか、これとは異なるデザインを採用した「iPhone 11」の新たなレンダリング画像が公開されました(MacRumors)。

今回公開された画像はOnLeaksことSteve Hemmerstoffer氏とCompareRajaが協力して作成したもので、トリプルレンズが直線的に筐体の中央に配置されているのが特徴となっています。3つのレンズが横に並んでいて、円形のフラッシュやセンサーがその周辺に配置されています。

その他の部分ではノッチの小型化やベゼルのスリム化も(わずかながら)進んでいるとのこと。

Iphone 2019 triple side render

なおOnLeaks氏が前回公開したレンダリング画像も、このレンダリング画像もEVT(技術検証テスト)段階のプロトタイプを元にしたもので、どちらのプロトタイプが実際に採用されるのかは現段階では不明とされています。

スポンサーリンク