トリプルレンズ搭載の「iPhone 11」レンダリング画像が公開

Iphone 11

信頼性の高いリーカーとして知られる@Onleaks氏とDigit.inが提携し、2019年に発売される新型iPhoneのものとされるレンダリング画像を公開しています(9to5Mac)。

公開された画像のiPhoneは、背面に四角形の巨大な出っ張りが存在しているのが特徴で、この出っ張りの中に3台のレンズや、フラッシュLED、マイクが交互に格納されています。

Iphone 11 2

あらたに追加される3番目のレンズは、既存の写真クオリティを改善させるために利用されるほか、より正確な距離の測定が可能になる"Time of Flight(飛行時間)"型の深度センサーの一部となり、AR機能の強化が進められるのではないかと予想されています。

なお今回公開されたレンダリング画像は、EVT(技術検証テスト)段階のプロトタイプに基づくもので最終決定されたものではなく、変更される可能性もあるとのこと。

Appleは2019年も3モデル構成を維持し、今回のトリプルレンズ搭載モデルはハイエンドモデルだと見込まれています。名前は「iPhone 11」なのか「iPhone Xi」なのか不明ですが、背面の出っ張りの削除を望むユーザーにとっては真逆の方向に進化してしまうのかもしれません。

スポンサーリンク