iPhone 12のサイズとデザインがよく分かるダミーハンズオン動画

Iphone12dummycameras

Appleは2020年、5.4インチと6.1インチのiPhone 12、6.1インチと6.7インチのiPhone 12 Proという4種類のiPhone 12モデルを発表すると見込まれています。

iPhone 11シリーズと同様、無印版は廉価版に、Proがつくモデルはハイエンド端末になり、カメラなどの差別化が行われるはずですが、全てのモデルがフラットな筐体のデザインを採用し、Face IDによる全画面OLEDディスプレイを搭載していると予想されています。

今回これらiPhone 12シリーズの理なるなダミーモデルを比較するハンズオン動画をMacRumorsが公開しています。

iPhone 12シリーズでは、iPhone 11シリーズには存在しなかった、5.4インチのより小さなモデルが追加されている事が注目されています。5.4インチモデルは、4インチのiPhone SEより大きく、4.7インチのiPhoneより小さいサイズで、片手操作が可能なデバイスとなっています。

6.1インチのダミーモデルは、5.8インチのiPhone 11 Proよりも大きく、6.1インチのiPhone 11のサイズが似ています。ただしフラットな形状になった分、手に持ったときの感触が異なるそうです。

6.7インチのiPhoneは、Appleがこれまでにリリースした最大のディスプレイを持つiPhoneで、大画面スマートフォンを好む人におすすめのモデルとなっているとのことです。

今年発売されるiPhone 12シリーズは、iPhone 6以来しばらく続いた丸みを帯びた筐体を捨て、iPhone 4のようなフラットな筐体に回帰することになりそうです。

スポンサーリンク