iPhone 12 Proは120HzのProMotionディスプレイを搭載し、3倍光学ズームに対応か?

Iphone 12 pro max renders everythingapplepro

信頼性の不明なリーカーMax Weinbach氏がYouTubeチャンネルEverythingAppleProと協力し、iPhone 12シリーズに関する新たな情報を共有しています(MacRumors)。

この情報によると6.1インチおよび6.7インチサイズのiPhone 12 Proは、より滑らかな描画を実現する120HzのProMotionディスプレイを搭載する模様。現在iPad Proで採用されているディスプレイですが、60Hzと120Hzを動的に切り替えることで消費電力を抑えることが可能になるとのことです。

バッテリー容量自体も4400mAhに大型化され、高リフレッシュレートのディスプレイや、5G対応による消費電力の増加に対応します。iPhone 11 Pro Maxのバッテリー容量は3969mAhなので比較するとかなり大きくなっている事がわかります。

その他にも、Face IDのアンロック可能角度の拡大や、ノッチの小型化、Smart HDRの改良、望遠ズームレンズの3倍光学ズームへの対応などさまざまな詳細を伝えています。

なおWeinbach氏は以前に、iPhone 11 Proの新色、ミッドナイトグリーンの正確な予測を行った実績がありますが、iOS 13でネイティブiPad計算機アプリが搭載されるという間違った噂を共有したこともあり、今回の情報も信頼性は不明な状況です。

スポンサーリンク