iPhone 12 Pro Maxの図面が流出か - 薄型筐体でベゼルも狭く

Iphone 12 pro max renders everythingapplepro

YouTubeチャンネルEverythingAppleProとMax Weinbach氏が協力し、リークしたCAD図面に基づくものとされる「iPhone 12 Pro Max」のデザイン検証動画を公開しています(MacRumors)。

新型のiPhoneの特長は筐体のデザインの変更です。iPad Proのような角張ったデザインを採用していて、iPhone 11シリーズの丸みを帯びた形状から大きく変わっていることが分かります。

iPhone 12 Pro Maxは、6.5インチのiPhone 11 Pro Maxよりも大きい6.7インチのOLEDディスプレイを採用していますが、2.52mmから1.55mmに削られたベゼルによって全体の大きさが抑えられています。厚さは7.4mmで、8.1mmのiPhone 11 Pro Maxよりかなり薄くなっています。ただし、カメラの出っ張りは1.21mmから1.26mmと少し厚くなっているようです。

なお最近ノッチが小型化するのではないかとの噂が流れていますが、CADの図面からは確認できなかったそうで、ノッチのサイズは現行モデルと同じとなっています。

Iphone 12 pro max renders everythingapplepro 2

その他以下のような特長を持っています。

  • LiDARスキャナー用の4番目のカメラセンサー
  • カメラレンズの直径がわずかに増加
  • 側面にあるより厚くなったアンテナ線
  • SIMカードトレイがデバイスの反対側に移動
  • 以前のSIMカード側にSmart Connectorの端子
  • 右側スピーカーグリルのスピーカー穴が1つ少なくなる
  • 10〜15%大きなスピーカー
  • 電源ボタンが少し下に移動
  • ライトブルー、バイオレット、ライトオレンジの新色

細部のデザインは今後変わる可能性もあるとのことです。

スポンサーリンク