iPhone 12 Pro Maxのものとされるスクリーンショットが公開 - 120Hz設定やノッチサイズの情報

Screen Shot 2020 08 25 at 4 27 59 PM

著名リーカーJon Prosser氏がiPhone 12 Pro Maxの試作機のものとされる設定画面のスクリーンショットを公開していることがわかりました(9to5Mac)。

画像はPVT(生産検証試験)段階の試作機のもので、iPhone 12 Pro Maxのディスプレイ設定には、「Enable High Refresh Rate(高リフレッシュレートを有効化)」や「Enable Adaptive Refresh Rate(適応型リフレッシュレートを有効化)」といったトグルが存在することがわかります。

最初の設定を有効にすると、120Hzのリフレッシュレートが有効になり、二番目の設定を有効にすると、画面に表示されたコンテンツに応じて、120Hzと60Hzが自動的に切り替わるようになると予想されます。

その他設定画面から、120fpsと240fpsでの4K動画撮影機能や、LiDARセンサーの情報、「Enhanced Night Mode」や「Advanced Noise Reduction」といった機能が存在することなど、興味深い情報が読み取れます。

またTwitterアカウントEverythingAppleProがiPhone 12 Pro Maxの実機写真を公開しており、ノッチのサイズはiPhone 11シリーズと変わらないものの、サイズが大きくなったことで「AM/PM」が表示できるようになっていると指摘しています。

スポンサーリンク