【KGI】もし評判がよければ…2018年型iPhoneはFace IDを完全採用か

Iphone x truedepth system 2

Appleは今年発売されたiPhoneで、プレミアムモデルとなる最上位の「iPhone X」でのみ顔認証機能「Face ID」を採用しました。「iPhone 8/8 Plus」ではこれまで同様「Touch ID」が採用されているのですが、2018年モデルはどうなるのでしょうか?

Apple関連の予想でおなじみのKGI証券のアナリストMing-Chi Kuo氏は、投資家向けに公開した新しいレポートで、iPhoneの2018年モデルでFace IDが完全に採用されるかどうかは、消費者の評判にかかっているとの考えを示しています(MacRumors)。

A key question on the minds of many investors is whether the new iPhone models to be launched in 2018 will support Touch ID (fingerprint recognition). We believe the key factors are: (1) whether or not Face ID (facial recognition) of iPhone X provide a positive user experience; and (2) the technical issues that Apple (US) will have to address with an under-display fingerprint solution. We believe Apple will replace the existing Home button-based Touch ID with the under-display solution for higher screen-to-body ratios, if it decides to bring back Touch ID.

Kuo氏はiPhone XのFace IDがユーザーにポジティブな体験を提供するかどうか、ディスプレイの下に埋め込む指紋認証技術の抱える技術的問題が解決できるかがどうかが、この決定に関係する二つの要因になるとの考えを示しています。

AppleがTouch IDを単独あるいはFace IDと併用する形で採用するとしても、既存モデルのように物理的なホームボタンが採用されるわけではなく、ディスプレイ下に埋め込むタイプのTouch IDが採用されるとの予想です。しかし画面埋め込み式Touch IDを採用するためには、皮肉にもiPhoneが採用している3D Touchモジュールが障害となっている模様。

This is because the iPhone's 3D Touch module makes the entire panel module even thicker, and could potentially undermine the scan-through performance of the under-display solution. If Face ID fails to impress consumers, Apple may turn its focus to the development of under-display solution. However, even if that happens, Apple will still have to find ways to overcome the aforementioned technical issue.

iPhoneのディスプレイには3D Touchモジュールが存在しているため、パネルが全体的に厚みを増しており、これが画面埋め込み式指紋認証技術ののスキャン性能を損なう可能性があるとの指摘です。

Face IDがユーザーに受け入れられなかった場合、Appleは画面埋め込み式のTouch IDの開発に集中すると予想されていますが、その場合でもこのような技術的問題を解決する必要があります。

スポンサーリンク