Apple、2019年発売のiPhoneでノッチを捨てる決断を下す?

Iphone x

韓国のET Newsは7日、次世代のiPhoneでノッチが小型化され、2019年以降のiPhoneでノッチが完全に削除される可能性あると報じ注目を集めています(MacRumors)。

同記事は今年発売が予想されるiPhoneに関して、5.8インチOLEDディスプレイを搭載したiPhone Xの後継機、6.5インチバージョンのiPhone X Plus、6.1インチLCDディスプレイを搭載した低価格モデルの合計3モデルになると伝えています。この情報はKGI証券のアナリストMing-Chi Kuo氏の予想と一致するものですが、興味深いのはベゼルがさらにスリム化し、ノッチも小さくなると伝えている点です。

Apple is planning to release two models with OLED display and a model with LCD display during this fall. It is heard that OLED models will be available in 5.85-inch display and 6.46-inch display while a LCD model will be available only in 6.04-inch model. All three of these models will have Face ID function and it is heard that there will be less bezel and smaller notch design.

また匿名の情報筋からの話として、Appleが2019年発売のモデル以降でノッチを取り去る決断をしたと伝えています。

"Apple decided to get rid of notch design starting from 2019 models and is having discussions with relevant companies," said a representative for an industry. "It seems that Apple is planning to implement full-screen that is more complete to its new iPhones."

この完全なる全面デイスプレイを実現するiPhoneはFace IDを採用しているそうですが、AppleがTrueDepthセンサーをデバイスのフロントにどのように設置するかははっきりとしていません。ディスプレイ自体に穴を開けるか、特許を取得した多層ブラックマトリクス技術を使用すると推測されています。

AppleはiOS 11でSafe Areaの概念を導入し、OS側でノッチへの対応をすでにすませています。ただしSafe Areaの考え方は従来の長方形型ディスプレイにも適用できるものなので、報道の通り完全な全面ディスプレイが実現されてノッチがなくなったとしても、アプリ側が再度の対応に困ることはないのかもしれません。

スポンサーリンク