生粋のエアジャケ派だけど、純正「iPhone 6 純正シリコンケース」を購入した理由

IMG 2326

iPhone 4 / iPhone 5 / iPhone 6と、パワーサポートのエアージャケットを愛用してきました。

エアジャケは日本製らしい精度の高い作り込みが素晴らしく、長い間お気に入りのケースだったのですが、今回、iPhone 6用のエアジャケにちょっと不満があり、Apple純正の「iPhone 6 シリコンケース」を購入してみることにしました。

以下iPhone 6用のエアジャケで発見した不満点の説明、シリコンケースとの比較などを行ってみたいと思います。

iPhone 6用エアジャケの不満点

iPhone 6用エアジャケで、一番不満だったのは、何回か着脱しているうちにケースがきしむようになったことです。両サイドから強めに握ると、ギシギシという音が聞こえるようになってしまいました。

また、取り外し難度が高すぎるというのも不満でした。サイドが曲面になっているせいで、今までのiPhone 4/iPhone 5のケース以上に着脱が難しいのです。SIMカードの交換や掃除など、つけっぱなしというわけにもいかないので、せめてiPhone 5ぐらいの難易度で外したかったですね。

iPhone 6 純正シリコンケース購入

もはやケース選びの失敗は許されない。ということで、巷で評価の高いApple純正ケースを、Apple Online Storeから購入してみました。色はブラックです。

IMG 2323

↑ダンボール+プチプチ+ケースという極めてシンプルな梱包。納品書さえありません。

IMG 2328

↑ケースの内側。単なるシリコンではなく適度な硬さがあります。

IMG 2329

↑裏面。Apple純正の印、リンゴマークがあります。

IMG 2330

↑サイド。ミュートボタンのところだけ穴が開いています。

IMG 2331

↑逆サイド。電源スイッチ。

IMG 2337

↑iPhone 6無印(スペースグレイ)に装着したところです。

IMG 2339

↑カメラは飛び出さない厚みがあります。

IMG 2338

↑ボトム周辺はノーガードです。

まとめ

最初は、シリコンケースで3600円は高すぎる、と思っていたのですが、実際に購入してみると納得の出来でした。良かった点は以下の点です。

  • 適度な硬さで取り外しも簡単
  • きしみなし。非常にしっくり来る手触り
  • エアジャケより少し大きいけど実用上は問題ないぐらいのコンパクトさ
  • 軽さ

逆にちょっと不満点もあるにはあります。

  • シリコンのなかではマシとはいえ、ホコリがつきやすい
  • 下面のノーガード部分が広い

エアジャケのきしみは、ひょっとしたらiPhone 6スペースグレイで多発しているという噂の「個体差」が原因なのかもしれませんが、同じ現象で困っている人は純正シリコンケースを試してみるのもいいと思います。ちなみに純正レザーケースもありますが、こちらはさらに高価ですね(汗

スポンサーリンク