【iPhone 6 Plus】「ベンドゲートは終わった」にあの男が反論動画を公開

NewImage

ConsumerReportsがiPhone 6とiPhone 6 Plusの曲げ試験の検証結果を公開。テストで一定以上の強度が確認できたことで、iPhone 6折り曲げ問題(ベンドゲート)も沈静化に向かっているようです

なかには早々にベンドゲート終了宣言を行うメディアも現れ、この問題は過去のものになりつつあったのですが、これに待ったをかけた男が現れました。

最初に「iPhone 6 Plus」を折り曲げたYoutuberであるUnbox Therapyが再度「iPhone 6 Plus」の折り曲げ動画を公開しています。

本物だよ?

コメントによると、この動画は、最初に公開した折り曲げ動画が偽物であるとの指摘を受け、真実を証明するために作られたもの。iPhone 6 Plusはテストした他の携帯より曲がりやすく、これでも信じないなら実際に入手してみればよいと主張しています。作者は日常的に12コアMac ProのようなApple製品を使っているとの補足情報もあります。

動画には、購入したばかりの「iPhone 6 Plus」から保護フィルムを剥がし、衆人環視の中ユリゲラーばりにやすやすと折り曲げている様子が撮影されています。

参考になるのか?

「iPhone 6/6 Plus」を購入しようとしているユーザーが知りたいのは、手で無理やり曲がるかどうかより、日常生活で曲がるのか(例えばポケットの中に入れていて)ということなので、この動画があまり参考になるとは思えません(とはいえ不安にはなります)。

この問題が単なる取り越し苦労にすぎないのか、はたして本当に設計上の問題があるのかは、しばらくたたないと判明しないのかもしれません。

スポンサーリンク