「iPhone 6 Plus」の画面レンダリングを説明した「iPhone 6 Screens Demystified」が分かりやすい

Iphone6 4

iOSアプリ用の開発ツールPaintCodeの公式サイトで、「iPhone 6」と「iPhone 6」の画面レンダリングの方法を詳しく解説した記事「iPhone 6 Screens Demystified」が公開されています。

PaintCode 2

特に3x解像度が導入された「iPhone 6 Plus」では、1242x2208ピクセルを1/1.15にダウンスケールし1080x1920に収めるという今までにない描画方法が導入されているので、iOSアプリ開発者は目を通しておいた方がよいかもしれません。

PaintCode 3

整数倍じゃないので厳密に捉えると、上の図のように線が滲むのかもしれませんが、人間の目では確認できず、実質上は問題ないということのようです。

スポンサーリンク