Apple、「iPhone 6s/6s Plus」を発表、SIMフリー版はお値段据え置き86,800円より!

Iphone6s

Appleは9月9日(現地時間)、サンフランシスコで開催されたスペシャルイベントにて、iPhoneの新モデル「iPhone 6s/6s Plus」を発表しました。日本での発売予定日は9月25日。予約開始日は9月12日となっています。

価格は据え置き

iPhone 6s/6s Plusのストレージの容量は16GB/64GB/128GBの3種類。

SIMフリー版の税別価格はiPhone 6sが86,800円/98,800円/110,800円。iPhone 6s Plusが98,800円/110,800円/122,800円。iPhone 6と価格と同じに留まっています。

旧モデルのiPhone 6/6 Plusは12,000円値下げされ販売継続へ。ただしゴールドモデルがなくなり、ストレージの容量も16GB/64GBのみとなっています。

スペック/ローズゴールドの追加

IPhone6s RoseGold BackFront HeroFish PR PRINT

iPhone 6s/6s Plusには、新色の「ローズゴールド」が追加。7000番台のアルミ素材により強く曲がりにくくなっています(筐体も予想通り少し大きくなっています)。プロセッサにはA9プロセッサ/M9モーションプロセッサが採用され高速化、Touch IDの強化や、iSightカメラ、FaceTimeカラメの大幅な性能アップも行われています。

一部変更されると噂もあった、ディスプレイ解像度はiPhone 6sが4.7インチで1,334 x 750ピクセル、iPhone 6s Plusが1,920 x 1,080ピクセルなので変更されていません(仕様)。

目玉は3D Touch?

新たに搭載されたForceTouch対応技術は3D Touchと呼ばれ、iPhone 6sの製品ページでも大きく取り上げられています。

タッチ、スワイプ、ピンチといった従来のジェスチャーに加え、3D TouchではPeekとPopという操作が追加となりました。例えばメールアプリで軽くプレスするとEメールをPeekで覗き見ることができ、さらに深くプレスするとPopでパッと開くことが可能になるようです。

この辺の動作は動画で確認したほうが分かりやすいかもしれません。開発者向け情報もすでに公開されていますので、開発者の方は対応を急がないといけないかもしれません(?)

スポンサーリンク