「iPhone 6s」は「3D Touch」技術で3段階のタッチを認識可能に?

NewImage

iPhone 6sに搭載されると噂のForce Touch技術は、Apple Watchや新型MacBook等で採用されている技術よりもさらに進化したものになるかもしれません。

9to5Macは、iPhoneの情報に精通した情報源から入手した話として、iPhone 6sに「3D Touch Display」が採用される可能性を伝えています(The VergeEngadget)。

3D Touchとは

3D Touch対応のディスプレイでは、従来のForce Touch技術で2段階まで検出可能だった圧力感知機能が、タップ、プレス、ディーププレスの3段階まで検出できるように進化し、ユーザーは3種類の圧力を使い分けることで、iOS 9のForce Touch対応アプリを素早く操作可能になります。

例えば、地図アプリで経路案内を素早く呼び出したり、ミュージックアプリで再生中の曲をプレイリストに登録したり、ホーム画面のアイコンからアプリの特定機能を素早く呼び出したり、Safariのプレビューを表示したりといったことが、ディーププレスの活用で可能になると予想されています。

ちなみに以前、iOS 9のコードの中にenableDeepPressというメソッドの名前が見つかっており、その情報と今回の情報は一致しているようです。

3D Touch対応のForce TouchディスプレイがiPhone 6sの切り札となるのでしょうか。発表会が楽しみです。

スポンサーリンク