【動画】「iPhone 6s/6s Plus」防水性が向上。水没しても1時間以上耐える

NewImage

ようやく発売開始となった「iPhone 6s/6s Plus」。バカバカしいものを含め、世界中でありとあらゆる試験動画が公開されつつあります。

今回公開された動画「Apple iPhone 6s vs iPhone 6s Plus Water Test!」は「iPhone 6s」と「iPhone 6s Plus」を水の張ったボールに沈め、どれぐらい耐えることができるかを調べる、いわゆる防水性能を試験するものです(9to5Mac)。

1時間以上耐えた!

結果は意外なことに(?)、1時間以上水に浸しておいても、iPhone 6sとiPhone 6s Plusの全ての機能が問題なく使えるというものでした。

ディスプレイが正しく表示されているのはもちろん(水滴の侵入もなし)、3D Touchやホームボタン、電源ボタンも正常に機能。カメラや水に弱そうなスピーカーも無事に動いているようです(ただし、動画のなかでLightningポートとヘッドフォンジャックがどうだったのかには触れられていません)。

Appleは公式にはiPhone 6s/6s Plusの防水性能に触れていませんが、単に水に落としたぐらいでは壊れない程度には「iPhone 6s」の防水性能は確保されているのかもしれません。とはいえ、水没マークが点灯すると保証対象外となってしまいますので真似して実験しないほうが良いと思われます。

スポンサーリンク