「iPhone 6s」のデュアルレンズ搭載ローズゴールドモデルはこんな感じ?

NewImage

9to5Macが、iPhone 6sのものらしき、筐体の写真を公開しています。

ご覧のように、筐体の色がローズゴールドカラーで、カメラのレンズが2個(しかも出っ張りあり)ついているところが特徴となっています。

もともと、今年発売が予想される「iPhone 6s」には、Apple Watch風のローズゴールドカラーが追加されるとの噂があり、この噂に基いてコンセプト画像が作られたこともありました。

今回公開された写真は、噂情報をもとに作られた偽物の可能性が高そうですが、もし本物の「iPhone 6s」に、このデザインのデュアレンズが搭載されていたら…。信者のApple離れが起きるかもしれません。

本物のiPhone 6sははたしてどのようなデザインとなるのでしょうか。

スポンサーリンク