「iPhone 6s」のロジックボード写真が流出、16GBモデルが引き続き存在?

NewImage

「iPhone 6s」のものとされるロジックボードを入手した9to5Macが、Chipworksともに内部構造を分析した結果、このロジックボードに新しいNFCチップや、16GBのフラッシュストレージが搭載されていることが明らかとなりました(MacRumorsiDownloadBlog)。

NFCチップ

NewImage
NFCチップは、iPhone 6と同じNXP製であるものの、パーツナンバーが65V10から66VP2に変更されていて、小型化および高効率化がなしとげられていると推定されています。

フラッシュメモリ

NewImageフラッシュメモリは東芝製の16GB。「iPhone 6s」で最小容量が32GBになるという噂には反していますが、テスト用モデルのためだけに16GBストレージが搭載されている可能性もあります。

ただし、Appleのフィル・シラー氏は、クラウドストレージの積極的な活用および、iOS 9の最適化によって、16GBが多くの人にとって最適な容量であるという趣旨の発言を行っていて、「iPhone 6s」の最小容量が何GBになるのか予断を許さない状況です。

スポンサーリンク