やっぱり片手操作が必要?「iPhone 6s mini」爆誕か!?

Blogiphone

来年の「iPhone 6s」は3モデルが同時に発売されるのでしょうか。AppleInsiderは、 Cowen and CompanyのアナリストTimothy Arcuri 氏から得た情報として、Appleが来年4インチの「iPhone 6s mini」を発売する可能性を示唆しています(AppleInsider)。

Arcuri氏は、4インチ版の新型iPhoneの名前を「iPhone 6s mini」と呼び、スペックはiPhone 5sと類似し、デザイン的にはiPhone 6 / 6 Plusのような丸みをおびたものになると予測しています。また低価格化のために、Qualcomm製の低コストコンポーネントを採用するかもしれないと主張しています。

ちなみにArcuri氏の2013年の予測実績は、iPhone 6の詳細予測を当てたものの、iPhone 6 PlusにiPhone 6より高機能がプロセッサが搭載されるという予測を外していて、1勝1敗です。

低価格路線のデバイスだとすると現行のiPhone 5cを置き換えるようなモデルになるかもしれません。片手操作の根強い需要があるなか、果たしてAppleがどのような舵取りを行うのか注目されます。

スポンサーリンク