【悲報】「iPhone 6s」のカメラリングパーツ写真が流出、 今年も出っ張りレンズを継承へ?

Iphone6s camera

おなじみフランスのサイトNowhereelse.fr[英語翻訳]が「iPhone 6s」のものと思われるパーツ写真を大量に公開しています(Redmond Pie)。

まず、上記カメラリングの写真を確認すると、iPhone 6と同じ形状をしていることがわかります。このためiPhone 6で不評だった背面カメラの出っ張りは、iPhone 6sでも継承される可能性が高そうです。

ケーブルの変更

NewImage

電源ボタンや音量ボタンを配線するフラットケーブルは、iPhone 6では2つに分かれていたのに対し、iPhone 6sでは一つにまとまっており、内部レイアウトの改良が行われていることが予想されます。

ホームボタンは変更なし

NewImage

ホームボタンの部品はiPhone 6と大差なく、iPhone 6sでも引き続き物理ホームボタンが継承されそうです。

s世代では外観の変更が行われず、もっぱら内部構造が強化されるというのがAppleの方針なので、今回のリーク写真に不思議な点はないのかもしれません。背面の出っ張りが嫌ならば「iPhone 7」を待つしかないのかも(?)

スポンサーリンク