「iPhone 6s Plus」の筐体画像がリーク。従来より強化された構造が明らかに

NewImage

フランスのリーク系サイトNowhereelse.fr経由で「iPhone 6s Plus」のものとされる筐体画像が公開され注目を集めています(MacRumorsiDownloadBlog)。

今回、画像の提供元Future Supplierが公開した筐体画像は、「iPhone 6 Plus」とほぼ同じ形状であるものの、より強化(Stronger)された構造となっているところが特徴とされています。

さらばBendgate

NewImage

↑iPhone 6s Plus(左側) / iPhone 6 Plus(右側)

Future SupplierによるとiPhone 6s Plus筐体の強化のポイントは2つあり、1つはネジ穴のわずかに高い位置への変更、もう一つは(画像からは分からないものの)、筐体の素材変更によるものとのこと。ちなみに、素材の変更は、iPhone 6sで強度の高い7000シリーズのアルミ素材が採用されるという噂情報とも合致しています。

これらの強化策が実れば、作年話題となった「Bendgate」問題を完全に封じることができるはず。強化されたiPhone 6s Plus筐体にも注目が集まりそうです。

スポンサーリンク