iFixit、「iPhone 6s」を早速分解 - バッテリー容量は少し小さくなる

NewImage

iFixitが、発売開始となった「iPhone 6s」の分解に早速チャレンジし、iPhone 6と似ているけども少し異なる内部コンポーネントの詳細が明らかとなりました(iFixitMacRumorsiDownloadBlog)。

バッテリーが少し小さく

まずもっとも顕著な違いはバッテリー容量の差です。iPhone 6sのバッテリー容量は1715 mAhであることが確定し、iPhone 6の1810 mAhに比較して少し小さくなっていることが明らかとなりました。これまでもリーク写真や、公式動画により容量1715 mAhはほぼ確実とみられていましたがこれで確実です。

ただしバッテリー持続時間は変わっていません。

Taptic Engine

次の違いは、バッテリーの下側に位置する「Taptic Engine」の存在です。この部品の存在によりiPhone 6sのバッテリー容量が小さくなったのでは、とも見られています。

NewImage

iFixitは、Taptic Engineが動作する様子をX線動画として公開していますので、興味のある方はご覧ください。

3Dタッチディスプレイ

最後の違いは3Dタッチディスプレイです。重量が60グラムとかなり重くなっていて(iPhone 6は15グラム)、この重さは追加されたセンサーによってもたらされています。フラットケーブルやLCDパネルのデザインなど細部の違いはあるものの、全体としてiPhone 6とiPhone 6sのディスプレイはかなり似通った構造となっているようです。

スポンサーリンク