「iPhone 6s」起動実験が成功した模様

NewImage

おなじみ、Mac/iPhoneの情報に強い、海外テックメディアMacRumorsが、とある情報源から入手したiPhone 6sの動画と写真を公開しています。

今回公開された情報の目玉はなんといっても実際に「iPhone 6s」が動いている様子を撮影した動画です。これまでにリークしたパーツを組み立てたもので、まだ完全には動作していないようですが、ディスプレイにギヤアイコンが表示されている様子が確認できます。

また新しいロジックボードの写真も公開されていて、こちらではQualcommのWTR3925 RFトランシーバーチップが搭載されていることが確認されています。

NewImage

画面左下の赤の四角で囲まれた部分がiPhone 6sの「WTR3925」です。画面右下のiPhone 6のロジックボードでは、青の四角「WTR1625L」と黄色の四角「WFR1620」に分かれていたチップが一体化していて、電力効率や、省スペース性が向上することが期待されています。

スポンサーリンク